top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

だけじゃない気合い

更新日:2021年3月29日

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。

創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。

その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。


ダンスにおいて「気合い」とは。

例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。

例えば、創作活動という未知なる自己の探求、それへの恐れや不安に付き合い続ける心の持久力。

辛抱や我慢を必要とされる時に「気合い」が持ち出されることが多い。


しかし、「気合い」はどこまでいっても精神や心にまつわる実像のない言葉だから、身体の具体的な解決には繋がっていかない。そして、その人に「気合い」が入っているかどうかを他人が評価するのは不可能だ。

どうすれば厳しい姿勢や激しい運動をやり切ることができるか。

どうすれば創作活動での不安や恐れをプラスに変えていくことができるか。

こういう課題について、稽古の中で実際に身体を動かし、対話をつぶさに繰り返していくことが、「気合い」という言葉を使わずに創作を良い方向に進めていくことになると考えている。


稽古場で「気合い」なんて言葉を口にしたとしても、それは相手に伝えなければならないことの入口ぐらいの役割にしかならず、ハッキリとした言葉を慎重に選んでやり取りすることが不可欠だ。「気合い」という言葉はぼんやりしていて汎用性が高いが、ダンスに身体の実感という具体を求める私にはどうも信用しきれない言葉だ。


ぼんやりとした言葉は使い勝手がよく、ぼんやりとした言葉を使って過ごす日常は、ぼんやりとした時間になる。創作の中で降りかかる辛抱や我慢、恐れや不安に押しつぶされないためには、ハッキリとした言葉を連ねていくことが盾になるのではないか。今後も、このブログは私の創作活動の盾になる言葉で綴っていきたいと考えている。

最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

Kommentare


bottom of page