検索
  • 井上大辅

だけじゃない気合い

最終更新: 3月29日

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。

創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。

その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。


ダンスにおいて「気合い」とは。

例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。

例えば、創作活動という未知なる自己の探求、それへの恐れや不安に付き合い続ける心の持久力。

辛抱や我慢を必要とされる時に「気合い」が持ち出されることが多い。


しかし、「気合い」はどこまでいっても精神や心にまつわる実像のない言葉だから、身体の具体的な解決には繋がっていかない。そして、その人に「気合い」が入っているかどうかを他人が評価するのは不可能だ。

どうすれば厳しい姿勢や激しい運動をやり切ることができるか。

どうすれば創作活動での不安や恐れをプラスに変えていくことができるか。

こういう課題について、稽古の中で実際に身体を動かし、対話をつぶさに繰り返していくことが、「気合い」という言葉を使わずに創作を良い方向に進めていくことになると考えている。


稽古場で「気合い」なんて言葉を口にしたとしても、それは相手に伝えなければならないことの入口ぐらいの役割にしかならず、ハッキリとした言葉を慎重に選んでやり取りすることが不可欠だ。「気合い」という言葉はぼんやりしていて汎用性が高いが、ダンスに身体の実感という具体を求める私にはどうも信用しきれない言葉だ。


ぼんやりとした言葉は使い勝手がよく、ぼんやりとした言葉を使って過ごす日常は、ぼんやりとした時間になる。創作の中で降りかかる辛抱や我慢、恐れや不安に押しつぶされないためには、ハッキリとした言葉を連ねていくことが盾になるのではないか。今後も、このブログは私の創作活動の盾になる言葉で綴っていきたいと考えている。

最新記事

すべて表示

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100