検索
  • 井上大辅

だけじゃない気合い

更新日:2021年3月29日

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。

創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。

その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。


ダンスにおいて「気合い」とは。

例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。

例えば、創作活動という未知なる自己の探求、それへの恐れや不安に付き合い続ける心の持久力。

辛抱や我慢を必要とされる時に「気合い」が持ち出されることが多い。


しかし、「気合い」はどこまでいっても精神や心にまつわる実像のない言葉だから、身体の具体的な解決には繋がっていかない。そして、その人に「気合い」が入っているかどうかを他人が評価するのは不可能だ。

どうすれば厳しい姿勢や激しい運動をやり切ることができるか。

どうすれば創作活動での不安や恐れをプラスに変えていくことができるか。

こういう課題について、稽古の中で実際に身体を動かし、対話をつぶさに繰り返していくことが、「気合い」という言葉を使わずに創作を良い方向に進めていくことになると考えている。


稽古場で「気合い」なんて言葉を口にしたとしても、それは相手に伝えなければならないことの入口ぐらいの役割にしかならず、ハッキリとした言葉を慎重に選んでやり取りすることが不可欠だ。「気合い」という言葉はぼんやりしていて汎用性が高いが、ダンスに身体の実感という具体を求める私にはどうも信用しきれない言葉だ。


ぼんやりとした言葉は使い勝手がよく、ぼんやりとした言葉を使って過ごす日常は、ぼんやりとした時間になる。創作の中で降りかかる辛抱や我慢、恐れや不安に押しつぶされないためには、ハッキリとした言葉を連ねていくことが盾になるのではないか。今後も、このブログは私の創作活動の盾になる言葉で綴っていきたいと考えている。

最新記事

すべて表示

「いい加減、黙っているわけにもいかないぞ!自分の創作活動のためにも、言葉を発信しなさい!」と自分を焚きつける気持ちと、 「けれども、世の中であまりにいろんなことが起きすぎていて、何かを言葉にするのは鬱陶しい…」というような気持ちが綯い交ぜだ。 相変わらず舞台には立っていない。次に舞台に上がる時は、私は新人のような気持ちで初々しく公演をする、かもしれない。 会場にわざわざ足を運んで観たいと思う公演も

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに