top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

コロナ禍に立ち向かう事業者の取組み事例として

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけになってきている。


このコロナ禍で、私は舞台の活動の一切を控えている。もう丸2年も舞台に立っていない。

ある予測では、今後3年くらいはコロナ禍が続くという。そう耳にした時、さすがに私も憔悴して一瞬混乱した。

感染症対策の基本は、徹底した検査と陽性者の隔離・保護だと思う。徹底した検査と感染者の保護ができていれば、自身の健康状態に不要な不安を抱くこともないし、素早い対応がとれれば経済的な損失も減らすことができる。(そもそも、人の命があっての経済なのだからこの言い方はおかしいと思っているが)


このような体制が整えば、私も公演に向けてようやく動き出すことができる。

…でもそれは無理だね、この国では。日本は、日本人の総意で沈んでいると思う。泥舟日本列島では、徹底した検査と陽性者の隔離・保護は夢物語。


あと3年は続く「かも」しれないコロナ禍。

ああ、もしかしたらこのまま私はダンス公演なんてできなくなるかもしれない。そんな気がしてきて、頭が真っ白になりかけた。

でも、なんとか持ちこたえた。パニックに陥らず、陰謀論にも墜ちず、反ワクチンにも反マスク主義者にもなることなく、持ちこたえることができた。


自分の理想とする日常生活が叶わない時、人はそれを他者のせいにしたりする。陰謀に縋り、コロナはただの風邪と思い込んでみたりすることで、抑圧から心の解放を試みるんだな…と感じてきた丸2年。

陰謀はその真偽を誰も証明することができない。陰にある謀りごとであるからこそ暗く輝き、陰謀論者はその暗い輝きに魅了される。陰謀そのものにばかり気を取られ、自身の行動原理が他者や自分を傷つける方向性になっても、当人はそのことに目を瞑って、抑圧からの一時的な解放をひたすら求め続ける。


私だって、これからの数年間を想像して絶望しかけた。でも、持ちこたえることができてよかった。こういう厳しいところでちゃんと踏みとどまれなければ、いずれ家族をコロナに感染させてしまうかもしれない。コロナの後遺症で、美味しいものや楽しいものを奪われてしまうかもしれない。ここで持ちこたえられるかどうかは大きな分岐点だと考えている。


自分を持ちこたえることができたとて、ダンス活動への不安が全て解消されたわけではない。でも、命が関わる大きな不安と向き合い、冷静に考えることで、新たなダンスの目標も生まれた。(それはこういうところで、ついでのように気軽には言わない)だから、今年も本番が無くても充実したダンスライフを過ごせる気がする。そう信じることができる。


そんな今、「何かが明けましておめでとう」と言える気になった。

私の日の出。明るいほうへ。

最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

Comentarios


bottom of page