検索
  • 井上大辅

コーさんとヒーさん

最終更新: 2020年12月17日

20代の頃は、あまり趣味というものが持てず、つまらない人生送っているな…と感じることもありましたが、そんな頃とは打って変わって、いくつか趣味がある現在です。


「毎朝コーヒーを淹れる」というのもその1つ。

ミルの中で豆がぴょんぴょんと跳ねながら、ガリガリと音を鳴らして削られていく姿。お湯を注ぐと蒸らされてポコポコと泡を吐き出すドリッパーの中。身体で真似してみたくなるほどに魅力的です。フィルターとドリッパーの狭間を水滴がするりと落ちていく様子も、毎日見ても飽きません。(透明なプラスチックのドリッパーなのです)


もう随分前の話になりますが、1年ぐらい妹と一緒に暮らしていた時期がありました。彼女にとっては念願の上京で1人暮らしを希望していたのですが、親からすると不安があったようで、とりあえず私と住むことになったのです。

その頃の私は、缶コーヒーのブラック微糖をよく飲んでいました。甘い缶コーヒーは子供っぽくて格好悪いけど、ブラックは苦すぎて飲めない。“微糖”がバイトや稽古の合間に飲むのに最も都合が良かったのです。

しかしある日、妹がブラックコーヒーを自分で淹れて飲んでいることに気づき、兄として大きなショックを受けました。“微糖”な自分に「大人になったなぁ」なんて感じていた私は、さも当たり前のように“ブラックコーヒー(しかも自作)”な4歳下の妹に完全に負けました。あの時の強い敗北感が、私を加速度的にコーヒー好きにさせました。妹に感謝。


コーヒー豆は特別なお気に入りがあるわけではなく、ふらりと立ち寄ったお店のポップを見てそそられるものを選びます。味を果物に例えているポップが多く、コーヒー豆が果実であるということに改めて気づきます。いわゆる果物とコーヒー豆のイメージの差異に、不思議な魅力を感じます。マシーンとか淹れ方とか焙煎方法とか、そういうこだわりまでは深入りしませんが、いろんなマグカップへの憧れは強くなりました。缶コーヒーは全く飲まなくなり、少し前までは頻繁に飲んでいたコンビニの100円コーヒーもあまり飲まないようになってきました。


家族で散歩に行き、コーヒー豆のお店を見つけたら立ち寄ります。そうやって選んだ豆を使って、朝は必ず2人分のコーヒーを淹れます。子供がいるからゆっくりとはいきませんが、2人で飲むコーヒーは静かな幸福です。

最新記事

すべて表示

なにがにーぜろにーぜろだよ

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な