検索

テアトロゲキジョウシアター

またまた嫌なこと聞いてしまったな。

近頃のニュースはそんなことばかりだから、またまた、だ。

体調不良で辞任なさると言うあの人に向けられる記者からの質問は、あらかじめ打ち合わせ済みのもので、なおかつプロンプターが無いと回答できない。それじゃ疑惑は拭えない。

その後を引き継ぐかもしれない人は、都合の悪い質問をする記者は徹底的にはね除ける。無視する。あしらう。

そんな人たちにはね除けられた記者は「まるでどこかの劇団のようですけど」と言う。

前々回の都知事選の時も同じようなことがあった。

思いがけない立候補や他の立候補者を罵るような演説手法に「劇場型選挙」だって騒いでいたな。

政治家とそれを取り巻くマスコミって、

「劇団」=台本を覚えてその通りに喋り、予想外の出来事を望まない集団

「劇場」=ドタバタとエキサイティングで、予想外の出来事が起こる場所

とでも思っているのかな?めちゃくちゃだ。

劇場が、あんたたちに何をした?

劇場で、あんたたちは何をした?


劇場の本質は、そこで行われる催しを通じて、知性や感性をエクスチェンジし、そこで生ずるコミュニケーションから生を体感し、糧としていく場所だ。

人間は野生では生きられない。なぜ生まれたのか?なぜ生きているのか?と、生とは何かを考えてしまう生き物だ。

それらの問いを言葉や身体で表現し、鑑賞体験する場所が劇場だ。


劇団は、長期間の稽古をしながら、各出演者・各スタッフとやりとり、広報もして、本番では当然ミスやトラブルもあるけど、それすらも上演の中でちゃんと回収する。

そして、上演したものは、厳しい目にも温かい目にも晒される。

観客という第三者がいなければ成立しない上演は、決して予定調和ではできないし、まして政治家のように都合の悪い人間を除け者にするようなことはしない。してはいけない。

とりわけ、現在の劇団や芸術団体の置かれている状況は本当に厳しく、どうすれば活動を存続させていけるか、とても苦しんでいる。

安倍や菅のような連中のマスコミへの対応を「劇団のようだ」と言って、批判した気になってる記者は、劇団・芸術団体に無礼。

あの人たちと一緒にされたくない。


マスコミには「劇場型」「劇団のよう」などの、芸術文化の言葉を安易に扱ってほしくない。

リベラルとか保守とかマスコミそれぞれの立ち位置を主張するが、そんなことよりも、あんた達のその言葉の使い方は絶対に間違っている、と言いたい。

昨今、言葉が軽視されてきたと思わざる得ない。

マスコミと政治によって、劇場という場所の本質が非常に軽薄なものにされてしまってきたなと思う。そして、それが日本の教育の質にも直接的に繋がっている。

上演する側のお前達の不甲斐なさも問題だろって?

私たちは公演のたびに(ただでさえ消費税も上がっている中で)、人々が一生懸命働いて稼いだその大事なお金を、どうすれば私たちの舞台に使ってもらえるかを考えている。

それにはそれだけのクオリティのものを上演しなければと、当然考えている。

私なんか権威もないただのダンサー。

ただのダンサーでも分かるような、簡単な失敗やってんじゃねーよ。

愚鈍なあんたたちのおかげで、芸術の必要性を再認識している。それは感謝しとく。

ツーカンしているよ。サンザン、ツーカンしてきたよ。

こっちの邪魔すんな。


ゲキジョウを怒りと感謝で満たしたい。

50回の閲覧

最新記事

すべて表示

公演の延期のお知らせ 〜お手紙仕立て〜

以前のブログでも少し触れたのですが、今年12月のダンス公演を延期にすることにしました。 ここからは、このことをお伝えしたいけど、今は遠くにいる人に向けた手紙の体裁でお届けいたします。 ーーー Sさま ご無沙汰しております。井上です。 こちらは明らかな気候変動の影響で、猛暑が続いています。 そちらはいかがですか? 実際に手紙を送ろうにも、宛先をどこにしていのか分からず、もしかしたらネットのほうがそち

目は口ほどに

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。 更新頻度はそれほど多くないのですが。 他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。 しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。 今回もそういう内容です。 振付家やダ

感情と身体のちぐはぐ

このコロナパンデミックで、東日本大震災の頃の様子がフラッシュバックしている。 あの時とは違い、今は家族がいるから、こんな情勢でも強い気持ちでいられるが、当時の気持ちはそうではなかった。 あの時、私は東京にいた。忘れられないことがいくつもある。 震災の翌日、ほぼ始発だというのに満員の電車。 皆どうにかして無理やりにでも"いつも通り"のことをやろうとしている、と感じた。 私の前に立つサラリーマンは念仏

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .