top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

夢は自愛に発し、憧れは自己嫌悪に発する 

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。


自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。


ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。あの時の充実感に溢れた昂りは強い原体験であり、今でも踊るたびに同じような感覚になる。まさに自愛。


ダンスを続ける中で、いろんなスタイルの振付家やダンサー(および他ジャンルの表現者)に出会い、「憧れ」が生まれた。真似事なんかもしてみたりするけど、そういうのは大体上手くいかないし、逆に辛くなったりする。


私は、自分の「夢」にコンプレックスや引け目を感じることはないが、「憧れ」にはコンプレックスや引け目がつきまとう。「憧れ」は無い物ねだりであって、後に必ず自己嫌悪が襲ってくる。辛くなったりするのは、できないことと正面から対峙することになるからだ。


「夢」が原動力になっていた行いについて振り返ると、その行いは私自身を支える軸のような存在になっている。一方、「憧れ」が原動力になっていた行いは多々あるが、そのほとんどが上手くいったとは言えない。紐解いてみれば、私は「夢」や「憧れ」から直感的に行動し、その先で自分の自愛や自己嫌悪に気づくようだ。


しかし、私にとって「憧れ」は栄養補給という役割もある。他の表現者の真似をしてみたりすることが、私自身のダンスを見つめ直すことに繋がっている。「憧れ」を通して得た自己嫌悪もまた、私の表現である。だから、「憧れ」も必要だ。


自己嫌悪から発せられる「憧れ」を見過ごさず、自分の現在地として確かめながら鍛錬を積み重ねることで、自愛から発せられる「夢」の軸をより強くしていく。

最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

Comments


bottom of page