top of page
検索
  • 執筆者の写真

抵抗する尻

子どもと生活していると、いろんな番組を観る。


covid-19の緊急事態宣言発令下、無観客のNHKホールで、テレビの前の子どもたちに向かって「いつも側にいるよ!」と語りかけていたワンワンに感動したこともあった。


子どもの頃に観たディズニー映画もひと通り観直した。加えて、大人になって観てこなかった作品も観た。


当然、アンパンマンも観ている。やなせたかし先生の絵本もたくさん読んだ。


クレヨンしんちゃんの映画もほとんど観た。アニメのしんちゃんは、家族、かすかべ防衛隊、個性溢れるご近所さんたちに囲まれて、とても豊かな5歳を何十年間も過ごしているが、映画になるとちょっと違う。映画の中の彼は、大人の勝手にいつも振り回され、苦しめられる。いつも大人に傷つけられているが、持ち前のおバカやお下品をお武器に変えて必死に抵抗している。


私はこれを「所詮、子ども向けのアニメだから」と放っておくことができない。クレヨンしんちゃんの映画を見るたびに、この世界は大人が子どもをイジメているんだと感じる。子どもが本当に自由に生きて、そのまま立派に大人になってしまったら、、、と想像するだけで大人は怖いんだろう。自分たちの人生を否定されかねないから。

クレヨンしんちゃんといえば、放送当初から「親が子どもに見せたくないアニメ」としても有名だった。大人たちの恐れの表れに思う。


野原しんのすけは、子どもの時間を大人に奪われないように抵抗の表現として尻を出し、踊る。それでいて、あんな態度でありながら誰にでもしっかり甘えているところに感心する。

大人にはそんなユーモアはないから、叱るという仕草で大人のマナーを押し付ける。大人たちは、マナーによって抑圧された苦しみを、子どもにも体験させようとする。自分自身の自由のために当たり前に表現をするという単純な日々の営みの気力すら失ってしまったのが大人の実態。


子どもは自由にのびのびと生きるべきだ!と言う人も多いだろう。でも、子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら、大人として何をすることが「子どもにのびのびとさせること」になると考えるのか。


私は、子ども向けのダンスワークショップもしてきたし、一緒に作品を創作もしたこともある。そのたびに、子どもの感性というやつを見逃さないように努めてきたつもりだ。親や先生とは違う、期間限定の第三者的な立場から、日常生活で埋もれてしまっている子どもの本能を引き出すチャンスだとも思っていた。ダンスの中では、尻を出して踊ることがかっこいい行為になったりすることがあり得る。実際、私も舞台上でこれまで何度か尻を出してきた。(かっこよい行為になっていたと自負できる感じはない)


しかし、この世界を「大人による子どもへのイジメ」という視点で見つめ直すと、ハッとする。恥ずかしいことに、「私は、そんなことは断じてしていない」と自信をもって言い切れないのである。

大人の都合によって子どもの尊厳が蔑ろにされていると感じる一例は、家父長制。本当に糞食らえと思う。”子供”と”家庭”は切り離して考えなければ、大人の都合の押し付けから子どもを守ることはできない。こども家庭庁、糞食らえ。


これからのダンス活動においても「子どもを守る」ということを忘れずにいきたい。子ども向けのダンスを創るとかそういうことではない。「子ども向け」という言葉がすでに子どもを蔑ろにし、子どもの尊厳を踏み躙っているような気がする。

野原ひろし、野原は広し、な人間でいたい。

最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

Comments


bottom of page