検索
  • 井上大辅

目は口ほどに

最終更新: 2020年12月17日

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。

更新頻度はそれほど多くないのですが。

他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。

しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。

今回もそういう内容です。

振付家やダンサーの活動は、ダンスの創作、ダンスの上演だけではありません。

ワークショップ(WS)やレッスンのように、劇場外での活動もあります。

私もこれまで多くの現場を体験してきました。

その中のやりとりで、現在もずっと身体の中を巡っている、ある少年の問いがあります。

- 踊りたいけど、体が動かなくなっていく僕はどうやって踊ればいいの? -

小学生だった彼はパーキンソン病を発症していて、

あの時すでに、身体のほとんどを自力で動かすのは困難なようでした。

「動かせるのはどこ?」と聞いた私に、彼は「目」と答えました。

- じゃあ目を動かしてみよう -

私と彼のこのやり取りは、60分のWSの中のほんの一瞬でした。

その一瞬のやり取りが、今日に至るまでずっと、私の身体の中を巡り続けています。

彼の「身体を動かしたい」という欲求を少しでも満たすことができただろうかと、ずっと反芻しています。

私は、彼の問いにちゃんと答えることができなかったと思っています。

私のソロダンスは、身体を目一杯動かすことが軸になっています。(今のところ)

創作していくとどうしてもそうなってしまうのですが、それは「ダンスとは身体を目一杯動かすことである」という意識の表出でもあります。

しかし、次の創作に向けて、今はこんな風に考えています。


“動”でしか表現はできないのか

“静”とはどういった身体なのだろうか

“動けない”=“表現できない”にはならないのではないか

“動”の中に視る“空虚”

“静”の中に視る“充実”

今もう一度、彼の問いに答えられるとしたら。

私自身が目の表現だけのダンスを体験し、それでもダンスができるということを伝えなければならないと考えています。

つまり「目で踊ってみせる」ということですが、それが「目を動かせばいい」という話ではないということを、彼はあの時すでに分かっていたのかもしれません。

なぜなら、彼ほど「動かせる場所を動かすこと」に切実だった人はいなかっただろうと思うからです。

そして彼に対してもう一言付け加えられるなら。

もし彼が踊りたいと思っているなら、一緒に踊りを創りたい。

ダンスは踊りたいという意思さえあれば、どんな形でも実現できるということです。

やはり、ダンスは誰にでも開かれた表現でなければならないと思うのです。

乱暴な考え方だと言われるかもしれませんが、彼の問いの背後には、同じような問いを抱えた多くの人がいるかもしれないということを、私の肝に命じておく必要があるわけです。

彼、あるいは彼のような人たちと再び出会った時に、一緒に目一杯踊りたいと思うのです。

最新記事

すべて表示

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知