検索
  • 井上大辅

目は口ほどに

最終更新: 2020年12月17日

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。

更新頻度はそれほど多くないのですが。

他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。

しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。

今回もそういう内容です。

振付家やダンサーの活動は、ダンスの創作、ダンスの上演だけではありません。

ワークショップ(WS)やレッスンのように、劇場外での活動もあります。

私もこれまで多くの現場を体験してきました。

その中のやりとりで、現在もずっと身体の中を巡っている、ある少年の問いがあります。

- 踊りたいけど、体が動かなくなっていく僕はどうやって踊ればいいの? -

小学生だった彼はパーキンソン病を発症していて、

あの時すでに、身体のほとんどを自力で動かすのは困難なようでした。

「動かせるのはどこ?」と聞いた私に、彼は「目」と答えました。

- じゃあ目を動かしてみよう -

私と彼のこのやり取りは、60分のWSの中のほんの一瞬でした。

その一瞬のやり取りが、今日に至るまでずっと、私の身体の中を巡り続けています。

彼の「身体を動かしたい」という欲求を少しでも満たすことができただろうかと、ずっと反芻しています。

私は、彼の問いにちゃんと答えることができなかったと思っています。

私のソロダンスは、身体を目一杯動かすことが軸になっています。(今のところ)

創作していくとどうしてもそうなってしまうのですが、それは「ダンスとは身体を目一杯動かすことである」という意識の表出でもあります。

しかし、次の創作に向けて、今はこんな風に考えています。


“動”でしか表現はできないのか

“静”とはどういった身体なのだろうか

“動けない”=“表現できない”にはならないのではないか

“動”の中に視る“空虚”

“静”の中に視る“充実”

今もう一度、彼の問いに答えられるとしたら。

私自身が目の表現だけのダンスを体験し、それでもダンスができるということを伝えなければならないと考えています。

つまり「目で踊ってみせる」ということですが、それが「目を動かせばいい」という話ではないということを、彼はあの時すでに分かっていたのかもしれません。

なぜなら、彼ほど「動かせる場所を動かすこと」に切実だった人はいなかっただろうと思うからです。

そして彼に対してもう一言付け加えられるなら。

もし彼が踊りたいと思っているなら、一緒に踊りを創りたい。

ダンスは踊りたいという意思さえあれば、どんな形でも実現できるということです。

やはり、ダンスは誰にでも開かれた表現でなければならないと思うのです。

乱暴な考え方だと言われるかもしれませんが、彼の問いの背後には、同じような問いを抱えた多くの人がいるかもしれないということを、私の肝に命じておく必要があるわけです。

彼、あるいは彼のような人たちと再び出会った時に、一緒に目一杯踊りたいと思うのです。

最新記事

すべて表示

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100

グッバイ実態

今年はいろんな言葉(とその実態)に出会いました。 新自由主義 ポピュリズム ルサンチマン ミソジニー ルッキズム トーン・ポリシング 共通して言えることは、どれも根は深く、この世の地獄の姿ってことでしょうか。 パソナ淡路島新卒雇用(もちろん非正規) 月給 166,000円 健康保険 -8,619円 厚生年金 -15,555円 雇用保険 -498円 所得税

50億年後の恐怖、数十年後の絶望

さまざまな分野で若い人が活躍している。 自分が小学生や中学生だった頃と比べる。 自分はただのポンコツでしかなかった。 グレタ・トゥーンベリさんの活動にはとても注目している。注目しているなんて上から目線の表現では失礼な気さえする。 グレタさんは学校で気候変動のことを知ってから、鬱になり、発作を抱えるようになってしまったそうだ。「近い将来、地球は滅びるのに、学校に行く必要があるのか?」という苦しみ、そ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .