検索
  • 井上大辅

6月

最終更新: 2020年6月29日


6月を迎えました。あっという間です。

稽古の初めにいつもジョギングをするのですが、私がいつも利用している施設の周りは田んぼに囲まれています。

ゴールデンウィーク頃から田植えが始まり、それまで乾いていた田んぼも今は水と緑で充満しています。

田んぼ道をひたすら走りながら土手の方まで向かいます。土手を上がると川沿いを走ることができます。

私のジョギングコースは土手を上がったところがちょうど大きく緩やかなカーブを描いた地点となっていて、パノラマの田園風景が広がります。

川原では多くの音があり、今は特に鳥と風の音がよく聞こえてきます。風の音というのは、ようは私は走っているので風にぶつかるときの音です。

川原の緑は本当に艶やかな緑色をしていて楽しそうです。雑草魂とか言うけれども、雑草は実はとても楽しそうに生きていました。

水の周りは生命が多く、夜の帰り道ではかえるや虫の鳴き声がよく響いています。

走っていると蛇の抜け殻に出くわしました。あれの存在感たるや、、、そこに生命はないのに、それでも強くはなつ生命力のような不気味さ。

稽古している施設はいわゆる公民館で、こないだはホタルの幼虫(多分)を放流(?)したようです。今月の中旬に観測会開くようです。私はホタルは見たことない。

公民館の管理の方はとてもおおらかに対応してくださり、こんなに連日借りる人なんかまずいないのでしょうが、おかげさまで安定した稽古場確保ができております。

難点はスタッフを呼べない、、、遠くて。だからたまに都内でも稽古します。

これまでダンスしてきた環境とはあきらかに違っています。

こうまでしなければ私はソロ公演なんてやれなかったようにも思います。

社会とか公共とか、いっちょまえにそんなこと考えながらこれまでダンスしてきましたが、それはそれであって、私自身の表現となりうる部分は恐らく社会とか公共とかとは少し外れている場所にあって、そもそも多くの人は実は同じような状況なのではないかと思っています。

そんな中、整合性を合わせながらそれぞれが自分の抱えている日常を過ごしているのでしょうから、人間ってたいしたもんだと思います。

そういう社会ですから、表現芸術っていうのはどれだけお金がなくて貧乏人ばっかりであって面白くないって言われたって消えることはないのでしょう。

自然も人も表現の中で生きているなと思えているからなんとか稽古を続けていられています。

さあ、いよいよ今月本番。稽古とは意識化する作業。

最初から最後までコンテンポラリー


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

グッバイ実態

今年はいろんな言葉(とその実態)に出会いました。 新自由主義 ポピュリズム ルサンチマン ミソジニー ルッキズム トーン・ポリシング 共通して言えることは、どれも根は深く、この世の地獄の姿ってことでしょうか。 パソナ淡路島新卒雇用(もちろん非正規) 月給 166,000円 健康保険 -8,619円 厚生年金 -15,555円 雇用保険 -498円 所得税

50億年後の恐怖、数十年後の絶望

さまざまな分野で若い人が活躍している。 自分が小学生や中学生だった頃と比べる。 自分はただのポンコツでしかなかった。 グレタ・トゥーンベリさんの活動にはとても注目している。注目しているなんて上から目線の表現では失礼な気さえする。 グレタさんは学校で気候変動のことを知ってから、鬱になり、発作を抱えるようになってしまったそうだ。「近い将来、地球は滅びるのに、学校に行く必要があるのか?」という苦しみ、そ

コーさんとヒーさん

20代の頃は、あまり趣味というものが持てず、つまらない人生送っているな…と感じることもありましたが、そんな頃とは打って変わって、いくつか趣味がある現在です。 「毎朝コーヒーを淹れる」というのもその1つ。 ミルの中で豆がぴょんぴょんと跳ねながら、ガリガリと音を鳴らして削られていく姿。お湯を注ぐと蒸らされてポコポコと泡を吐き出すドリッパーの中。身体で真似してみたくなるほどに魅力的です。フィルターとドリ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .