検索
  • 井上大辅

公演が無事に終了しました

最終更新: 2020年6月29日


こんにちは、井上です。

6月24・25日、井上ダンスオフィスの主催する井上大辅ソロダンス公演『D』が無事に終了しました。

ご来場いただいた皆様、また都合合わずとも応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

これからもダンスを通して私たちがやれること探しながら活動していく所存です。

まずはダンスポートシバウラでの活動や小田原の小学校でのワークショップなどです。

あ、その前に選挙でした。

現政権の活動をそのままにしているといずれ私たちは自由にダンスや舞台の活動ができなくなるでしょう。そんな予感がしてなりません。

そうなる前に私が戦える数少ない機会。しっかりと臨まなくてはなりません。

そしてまたダンスを通して多くの方と出会えることを願って、トレーニングやその他いろんなことに励んでいきたいと思います。


最新記事

すべて表示

なにがにーぜろにーぜろだよ

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な