検索
  • スタッフ

夏のダンスポート・シバウラワークショップ


助成金とか予算組みとかの影響で舞台の仕事のほとんどが9月以降に集中してしまいます。

なのでダンサーは9月以降いろいろとバタバタしてきます。そんな秋以降の活動に先駆けて8月にワークショップや募集がありますので告知させていただきます。

今年の2月に無事に旗揚げ公演を果たしたダンスポート・シバウラの第2期活動が9月から始まります。

ダンスポート・シバウラはオーディションではないので誰でも入れるのですが、いきなり初めましてじゃお互いに不安なので募集を兼ねてワークショップをします。

今回はパーカッショニストのはたけやま裕さんと一緒にリズムをテーマにしたワークショップをします。

その他にもダンサー/ロルファー、ヨガインストラクターなど2足のワラジで活躍している楠美奈生さん尾形直子さんによる自分の身体機能を見つめ直し、動きへと繋げていくワークショップやシバウラハウスの建物全体を使った場所や人と遊ぶようにして自分の表現方法を探っていくストウミキコさんのワークショップなど、今年はとても充実したラインナップ。

ダンスが好きな方、身体について勉強してみたい方、自分の表現方法探している方、ダンスポート・シバウラに興味ある方、こういうのは自分の個人的な理由が確かな動機です。

迷ったらGO! で是非体験しに来てください!

ダンスポート・シバウラ ワークショップHPはコチラ


最新記事

すべて表示

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100