検索
  • スタッフ

SHIBAURA DANCE WEEKEND 情報


こんにちは、井上です。今月末、舞台があります。

ダンスポート・シバウラという、SHIBAURA HOUSEを拠点に結成したプロアマ混合の市民参加型ダンスカンパニーと、オランダからの招聘ダンサーによる2日間のダンス・フェスティバルです。

2/24(金) 19:30開演 19:00受付開始・開場

2/25(土) 18:00開演 17:30受付開始・開場

○上演作品(*両日共に同じ演目を上演します。)

『dAIsy』振付:ユーリ・デュッブ、ダンス:カロリナ・マンクーソ

『Enfant』振付:ユーリ・デュッブ、ダンス:サラ・マーフィー

『空の皿』振付:井上大辅、ダンス:ダンスポート・シバウラ

主催・会場:SHIBAURA HOUSE

Dance Port SHIBAURA ◎ダンスポート・シバウラ

Dance Port SHIBAURA(ダンスポート・シバウラ)は2015年からスタートした、SHIBAURA HOUSEを拠点に活動する市民参加型ダンスカンパニーです。ダンス経験の有無は問わず、約半年間の稽古・クリエーションを経て本公演で作品を発表することを共通の目標に、今年度もさまざまな年代とバックグラウンドのメンバーが集まりました。井上大辅さんの指導・振付のもと、総勢15名のメンバーがそれぞれ悩み・迷い、葛藤を抱えながらも、自分を取り巻く環境や自身の身体やメンバーとの関係性を探り、表現をする姿をぜひご覧ください。

ダンスポート・シバウラ特設サイト

演出家の蜷川氏は著書で生活者の視点になれと仰っていました。これはどちらかというと招待状もらって観劇して作品のああだこうだを公に語る批評“家”にあてた言葉でしたが、プロアマ関係なく集って活動しているダンスポートでは生活と表現がいつも混在してます。

私たちとみなさんの生活と表現がダンスを通して体験できる時ほどダンスやっててよかったなと思うのです。

是非、シバウラハウスでお待ちしてます。


最新記事

すべて表示

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100