検索
  • 井上大辅

ショーイングをやります

更新日:2020年6月29日


〜包丁研ぎが包丁研いでいる姿を見せたりしない〜

という持論から基本的に稽古を人に見せるということに抵抗を感じています。

ですが、両国BEAR管理人のラングさんの創作者に対してサポートしようとする姿勢を見ていると一緒に作品作りに取り組めることが嬉しくもあります。

ですので今回両国BEARのサポートプロジェクトという胸をお借りして、ショーイングという、いわば私たちの稽古場を公開する時間を設けました。

ショーイングと言いましても、作品をお見せするような時間にはならない気がしています。

私とサンフンとマーカスの創作のプロセスの一端を第三者に公開することで、改めて自分たちの創作に向き合うというちょっとした巻き込み型の時間にするつもりです。

強制的に参加させたりするようなことはしないですから、安心して、「しめしめ、どれどれ」って気分で来ていただくのがちょうど良いかと思います。

本番が稽古場の延長線上にあることは間違いないので、ショーイングを見て、本番も観ていただければよりダンスが楽しく観れる可能性もあるかもしれません。

というわけで、両国BEARでお待ちしてます。

ダンスポート第3期活動  『What's up?』 ショーイング

◯日程 2018年2月20日(火) 19:30〜20:30

◯チケット

 前売り:1000円 当日:1200円

 ※ダンスポート公演を予約された方:500円

◯会場

両国BEAR

 東京都墨田区亀沢1−18−1(大江戸線両国駅A2出口から2分、JR総武線両国駅から7分)

◯ご予約・お問い合わせ

 danceportinfo@gmail.com

 070-6448-6655(ダンスポート実行委員会)

※上記のメールアドレス、電話番号でのご予約、お問い合わせの受付は終了しました(2018.3)

◯ダンスポートHP

 ※上記ホームページの公開は終了しました(2018.6)


最新記事

すべて表示

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。

舞台業界では、公演中止が相次いでいる。 取り止めや延期を迫られた芸術祭や芸術団体のプロデューサー(やらなんやら)が「悔しい」とか「ここまでやってきたのに」みたいなメッセージをSNSで発信しているのを見るが、私はその気持ちを共有することはできない。断腸の思いだか慚愧の念だか言われても、共感できない。正直に言うと。 自分が生きていられる間は、自分の貯蓄を使って自分のペースで創作と発表を続けていきたいと

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安