検索
  • 井上大辅

ショーイングをやります

更新日:2020年6月29日


〜包丁研ぎが包丁研いでいる姿を見せたりしない〜

という持論から基本的に稽古を人に見せるということに抵抗を感じています。

ですが、両国BEAR管理人のラングさんの創作者に対してサポートしようとする姿勢を見ていると一緒に作品作りに取り組めることが嬉しくもあります。

ですので今回両国BEARのサポートプロジェクトという胸をお借りして、ショーイングという、いわば私たちの稽古場を公開する時間を設けました。

ショーイングと言いましても、作品をお見せするような時間にはならない気がしています。

私とサンフンとマーカスの創作のプロセスの一端を第三者に公開することで、改めて自分たちの創作に向き合うというちょっとした巻き込み型の時間にするつもりです。

強制的に参加させたりするようなことはしないですから、安心して、「しめしめ、どれどれ」って気分で来ていただくのがちょうど良いかと思います。

本番が稽古場の延長線上にあることは間違いないので、ショーイングを見て、本番も観ていただければよりダンスが楽しく観れる可能性もあるかもしれません。

というわけで、両国BEARでお待ちしてます。

ダンスポート第3期活動  『What's up?』 ショーイング

◯日程 2018年2月20日(火) 19:30〜20:30

◯チケット

 前売り:1000円 当日:1200円

 ※ダンスポート公演を予約された方:500円

◯会場

両国BEAR

 東京都墨田区亀沢1−18−1(大江戸線両国駅A2出口から2分、JR総武線両国駅から7分)

◯ご予約・お問い合わせ

 danceportinfo@gmail.com

 070-6448-6655(ダンスポート実行委員会)

※上記のメールアドレス、電話番号でのご予約、お問い合わせの受付は終了しました(2018.3)

◯ダンスポートHP

 ※上記ホームページの公開は終了しました(2018.6)


最新記事

すべて表示

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。