検索
  • 井上大辅

ショーイングをやります

最終更新: 6月29日


〜包丁研ぎが包丁研いでいる姿を見せたりしない〜

という持論から基本的に稽古を人に見せるということに抵抗を感じています。

ですが、両国BEAR管理人のラングさんの創作者に対してサポートしようとする姿勢を見ていると一緒に作品作りに取り組めることが嬉しくもあります。

ですので今回両国BEARのサポートプロジェクトという胸をお借りして、ショーイングという、いわば私たちの稽古場を公開する時間を設けました。

ショーイングと言いましても、作品をお見せするような時間にはならない気がしています。

私とサンフンとマーカスの創作のプロセスの一端を第三者に公開することで、改めて自分たちの創作に向き合うというちょっとした巻き込み型の時間にするつもりです。

強制的に参加させたりするようなことはしないですから、安心して、「しめしめ、どれどれ」って気分で来ていただくのがちょうど良いかと思います。

本番が稽古場の延長線上にあることは間違いないので、ショーイングを見て、本番も観ていただければよりダンスが楽しく観れる可能性もあるかもしれません。

というわけで、両国BEARでお待ちしてます。

ダンスポート第3期活動  『What's up?』 ショーイング

◯日程 2018年2月20日(火) 19:30〜20:30

◯チケット

 前売り:1000円 当日:1200円

 ※ダンスポート公演を予約された方:500円

◯会場

両国BEAR

 東京都墨田区亀沢1−18−1(大江戸線両国駅A2出口から2分、JR総武線両国駅から7分)

◯ご予約・お問い合わせ

 danceportinfo@gmail.com

 070-6448-6655(ダンスポート実行委員会)

※上記のメールアドレス、電話番号でのご予約、お問い合わせの受付は終了しました(2018.3)

◯ダンスポートHP

 ※上記ホームページの公開は終了しました(2018.6)


55回の閲覧

最新記事

すべて表示

テアトロゲキジョウシアター

またまた嫌なこと聞いてしまったな。 近頃のニュースはそんなことばかりだから、またまた、だ。 体調不良で辞任なさると言うあの人に向けられる記者からの質問は、あらかじめ打ち合わせ済みのもので、なおかつプロンプターが無いと回答できない。それじゃ疑惑は拭えない。 その後を引き継ぐかもしれない人は、都合の悪い質問をする記者は徹底的にはね除ける。無視する。あしらう。 そんな人たちにはね除けられた記者は「まるで

公演の延期のお知らせ 〜お手紙仕立て〜

以前のブログでも少し触れたのですが、今年12月のダンス公演を延期にすることにしました。 ここからは、このことをお伝えしたいけど、今は遠くにいる人に向けた手紙の体裁でお届けいたします。 ーーー Sさま ご無沙汰しております。井上です。 こちらは明らかな気候変動の影響で、猛暑が続いています。 そちらはいかがですか? 実際に手紙を送ろうにも、宛先をどこにしていのか分からず、もしかしたらネットのほうがそち

目は口ほどに

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。 更新頻度はそれほど多くないのですが。 他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。 しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。 今回もそういう内容です。 振付家やダ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .