検索
  • 井上大辅

ダンスポート第3期 公演情報

最終更新: 2020年6月29日


ダンスポートのうちの1作品、「What's up?」のショーイングが両国BEARで終了しました。

創作中の作品を公開するのではなく、創作の過程を公開することでどれだけ私の下手くそな英語でもコミュニケーションができるかお伝えすることもできた気がします。

ダンスポートの上演構成は2部構成です。

1部はイ・サンフン、マーカス・フー、井上大辅のプロダンサーで創作する作品「What's up?」。

2部は上記メンバーに、さらに老若男女、キャリアも何もかも関係なくダンスがやりたいという思いで集まったダンスポートカンパニー第3期メンバーでお届けする新作ダンス「倚りかからず」です。

ダンサーではない人たちとの創作を続けるのは、そこにダンスの可能性を感じているからです。特に日本では、昔からダンスは観るものではなく踊るものとして存在してきたように思います。体験するものとしてのダンスです。

一方で、欧米のような観劇型の文化もあります。知識と技術と才能とによって選ばれた表現者を劇場に観に行く。これもまた有意義です。

私はこうした様々なスタイルが溶け合う場所を探したいと思っています。その活動がダンスポートです。

体験すること、観ること、このサイクルの中でダンスがより豊かなものになれたらと思っています。

という、私のダンスのやり方です。

チケット、そこそこ売れてるみたいです。

ご興味ある方、是非ダンスポートホームページをチェックしてください。

ダンスポートホームページ

※上記ホームページの公開は終了しました(2018.6)


最新記事

すべて表示

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100