検索
  • 井上大辅

ダンスポート第3期 公演情報

最終更新: 2020年6月29日


ダンスポートのうちの1作品、「What's up?」のショーイングが両国BEARで終了しました。

創作中の作品を公開するのではなく、創作の過程を公開することでどれだけ私の下手くそな英語でもコミュニケーションができるかお伝えすることもできた気がします。

ダンスポートの上演構成は2部構成です。

1部はイ・サンフン、マーカス・フー、井上大辅のプロダンサーで創作する作品「What's up?」。

2部は上記メンバーに、さらに老若男女、キャリアも何もかも関係なくダンスがやりたいという思いで集まったダンスポートカンパニー第3期メンバーでお届けする新作ダンス「倚りかからず」です。

ダンサーではない人たちとの創作を続けるのは、そこにダンスの可能性を感じているからです。特に日本では、昔からダンスは観るものではなく踊るものとして存在してきたように思います。体験するものとしてのダンスです。

一方で、欧米のような観劇型の文化もあります。知識と技術と才能とによって選ばれた表現者を劇場に観に行く。これもまた有意義です。

私はこうした様々なスタイルが溶け合う場所を探したいと思っています。その活動がダンスポートです。

体験すること、観ること、このサイクルの中でダンスがより豊かなものになれたらと思っています。

という、私のダンスのやり方です。

チケット、そこそこ売れてるみたいです。

ご興味ある方、是非ダンスポートホームページをチェックしてください。

ダンスポートホームページ

※上記ホームページの公開は終了しました(2018.6)


70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

グッバイ実態

今年はいろんな言葉(とその実態)に出会いました。 新自由主義 ポピュリズム ルサンチマン ミソジニー ルッキズム トーン・ポリシング 共通して言えることは、どれも根は深く、この世の地獄の姿ってことでしょうか。 パソナ淡路島新卒雇用(もちろん非正規) 月給 166,000円 健康保険 -8,619円 厚生年金 -15,555円 雇用保険 -498円 所得税

50億年後の恐怖、数十年後の絶望

さまざまな分野で若い人が活躍している。 自分が小学生や中学生だった頃と比べる。 自分はただのポンコツでしかなかった。 グレタ・トゥーンベリさんの活動にはとても注目している。注目しているなんて上から目線の表現では失礼な気さえする。 グレタさんは学校で気候変動のことを知ってから、鬱になり、発作を抱えるようになってしまったそうだ。「近い将来、地球は滅びるのに、学校に行く必要があるのか?」という苦しみ、そ

コーさんとヒーさん

20代の頃は、あまり趣味というものが持てず、つまらない人生送っているな…と感じることもありましたが、そんな頃とは打って変わって、いくつか趣味がある現在です。 「毎朝コーヒーを淹れる」というのもその1つ。 ミルの中で豆がぴょんぴょんと跳ねながら、ガリガリと音を鳴らして削られていく姿。お湯を注ぐと蒸らされてポコポコと泡を吐き出すドリッパーの中。身体で真似してみたくなるほどに魅力的です。フィルターとドリ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .