検索
  • 井上大辅

ダンスポート第3期を終えて、、

更新日:2020年6月29日


大学を出てからダンスを続けて、自分の選んだ仕事がダンスである理由がようやく見えてきたような気がします。

ダンスポートの活動では、充電と放電の連続です。

毎年変わるいろんなメンバーからいろんな発見をもらい、僕自身も自分のやりたいことを根こそぎ吐き出します。

人によっては{表現=排泄}と言う人もいますね。食べては出す、という風に人は表現の連続の中を当たり前に生きているという考え方です。

僕も同じ考えのタイプですが、ダンスポートに関していえばどちらかというと電気です。メンバーと僕のやり取りは毎年バチバチしてます。

別に意見を戦わせるわけではありません。そんな時間無いですし、根本としてダンスポート作品は僕の創作なので人からの意見はあまり求めません(と見せかけて、実はそうでもないってことが大事なんですが)。

だからいつも電気を帯びている感じです。恐らくメンバーも帯電しています。

だから毎年バチバチしてます。

この活動はゲバゲバ舞踊団時代から5年くらい地道に続けている活動です。おかげさまでアンケートも好評でした。

ダンスポートの作品が評価される理由は、障害・キャリア・年齢を超えて作るダンスだからでは無いと思います。

この活動そのものがダンスの根源を探すような活動だからです。ダンスの根源ってなんでしょうね。。

それはこれからも作品で提示していけるよう精進します。

問題は、この規模は助成金や他サポートがないと継続が難しいということです。

要はお金です。これが本当に厳しい問題です。

そういえば新潟のダンスカンパニーnoismがなかなか厳しい状況だそうで。

noismの作品とか、カンパニーの在り方とかは特に好きではないんですけど、このカンパニーが消えてしまったら日本のダンスの将来は今後益々暗いなと思います。演劇も同じか、、、

多くの人がこのダンスポートプロジェクトを応援してくれているのを実感します。

僕としてはあまりそれに甘えず、しっかり自分の創作を続けていくだけです。

応援してくださっている皆様、僕はこれからも自分のペースでダンスを続けていきますので、また劇場でお会いできるのを楽しみにしています。


最新記事

すべて表示

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。

舞台業界では、公演中止が相次いでいる。 取り止めや延期を迫られた芸術祭や芸術団体のプロデューサー(やらなんやら)が「悔しい」とか「ここまでやってきたのに」みたいなメッセージをSNSで発信しているのを見るが、私はその気持ちを共有することはできない。断腸の思いだか慚愧の念だか言われても、共感できない。正直に言うと。 自分が生きていられる間は、自分の貯蓄を使って自分のペースで創作と発表を続けていきたいと

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安