top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

ダンスポート第3期を終えて、、

更新日:2020年6月29日


大学を出てからダンスを続けて、自分の選んだ仕事がダンスである理由がようやく見えてきたような気がします。

ダンスポートの活動では、充電と放電の連続です。

毎年変わるいろんなメンバーからいろんな発見をもらい、僕自身も自分のやりたいことを根こそぎ吐き出します。

人によっては{表現=排泄}と言う人もいますね。食べては出す、という風に人は表現の連続の中を当たり前に生きているという考え方です。

僕も同じ考えのタイプですが、ダンスポートに関していえばどちらかというと電気です。メンバーと僕のやり取りは毎年バチバチしてます。

別に意見を戦わせるわけではありません。そんな時間無いですし、根本としてダンスポート作品は僕の創作なので人からの意見はあまり求めません(と見せかけて、実はそうでもないってことが大事なんですが)。

だからいつも電気を帯びている感じです。恐らくメンバーも帯電しています。

だから毎年バチバチしてます。

この活動はゲバゲバ舞踊団時代から5年くらい地道に続けている活動です。おかげさまでアンケートも好評でした。

ダンスポートの作品が評価される理由は、障害・キャリア・年齢を超えて作るダンスだからでは無いと思います。

この活動そのものがダンスの根源を探すような活動だからです。ダンスの根源ってなんでしょうね。。

それはこれからも作品で提示していけるよう精進します。

問題は、この規模は助成金や他サポートがないと継続が難しいということです。

要はお金です。これが本当に厳しい問題です。

そういえば新潟のダンスカンパニーnoismがなかなか厳しい状況だそうで。

noismの作品とか、カンパニーの在り方とかは特に好きではないんですけど、このカンパニーが消えてしまったら日本のダンスの将来は今後益々暗いなと思います。演劇も同じか、、、

多くの人がこのダンスポートプロジェクトを応援してくれているのを実感します。

僕としてはあまりそれに甘えず、しっかり自分の創作を続けていくだけです。

応援してくださっている皆様、僕はこれからも自分のペースでダンスを続けていきますので、また劇場でお会いできるのを楽しみにしています。


最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

bottom of page