検索
  • 井上大辅

ダンスポート第3期を終えて、、

最終更新: 2020年6月29日


大学を出てからダンスを続けて、自分の選んだ仕事がダンスである理由がようやく見えてきたような気がします。

ダンスポートの活動では、充電と放電の連続です。

毎年変わるいろんなメンバーからいろんな発見をもらい、僕自身も自分のやりたいことを根こそぎ吐き出します。

人によっては{表現=排泄}と言う人もいますね。食べては出す、という風に人は表現の連続の中を当たり前に生きているという考え方です。

僕も同じ考えのタイプですが、ダンスポートに関していえばどちらかというと電気です。メンバーと僕のやり取りは毎年バチバチしてます。

別に意見を戦わせるわけではありません。そんな時間無いですし、根本としてダンスポート作品は僕の創作なので人からの意見はあまり求めません(と見せかけて、実はそうでもないってことが大事なんですが)。

だからいつも電気を帯びている感じです。恐らくメンバーも帯電しています。

だから毎年バチバチしてます。

この活動はゲバゲバ舞踊団時代から5年くらい地道に続けている活動です。おかげさまでアンケートも好評でした。

ダンスポートの作品が評価される理由は、障害・キャリア・年齢を超えて作るダンスだからでは無いと思います。

この活動そのものがダンスの根源を探すような活動だからです。ダンスの根源ってなんでしょうね。。

それはこれからも作品で提示していけるよう精進します。

問題は、この規模は助成金や他サポートがないと継続が難しいということです。

要はお金です。これが本当に厳しい問題です。

そういえば新潟のダンスカンパニーnoismがなかなか厳しい状況だそうで。

noismの作品とか、カンパニーの在り方とかは特に好きではないんですけど、このカンパニーが消えてしまったら日本のダンスの将来は今後益々暗いなと思います。演劇も同じか、、、

多くの人がこのダンスポートプロジェクトを応援してくれているのを実感します。

僕としてはあまりそれに甘えず、しっかり自分の創作を続けていくだけです。

応援してくださっている皆様、僕はこれからも自分のペースでダンスを続けていきますので、また劇場でお会いできるのを楽しみにしています。


106回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

グッバイ実態

今年はいろんな言葉(とその実態)に出会いました。 新自由主義 ポピュリズム ルサンチマン ミソジニー ルッキズム トーン・ポリシング 共通して言えることは、どれも根は深く、この世の地獄の姿ってことでしょうか。 パソナ淡路島新卒雇用(もちろん非正規) 月給 166,000円 健康保険 -8,619円 厚生年金 -15,555円 雇用保険 -498円 所得税

50億年後の恐怖、数十年後の絶望

さまざまな分野で若い人が活躍している。 自分が小学生や中学生だった頃と比べる。 自分はただのポンコツでしかなかった。 グレタ・トゥーンベリさんの活動にはとても注目している。注目しているなんて上から目線の表現では失礼な気さえする。 グレタさんは学校で気候変動のことを知ってから、鬱になり、発作を抱えるようになってしまったそうだ。「近い将来、地球は滅びるのに、学校に行く必要があるのか?」という苦しみ、そ

コーさんとヒーさん

20代の頃は、あまり趣味というものが持てず、つまらない人生送っているな…と感じることもありましたが、そんな頃とは打って変わって、いくつか趣味がある現在です。 「毎朝コーヒーを淹れる」というのもその1つ。 ミルの中で豆がぴょんぴょんと跳ねながら、ガリガリと音を鳴らして削られていく姿。お湯を注ぐと蒸らされてポコポコと泡を吐き出すドリッパーの中。身体で真似してみたくなるほどに魅力的です。フィルターとドリ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .