検索
  • 井上大辅

4月、新作ソロダンス公演決定しました

最終更新: 2020年6月29日


井上です。

2019年が明けました。今年もどうぞよろしくお願いします。

4月に第3弾となるソロダンス公演を上演する運びとなりました。

『ZOKKONN(ゾッコン)』というタイトルです。

一途さと、暗さと、色気を含んだ言葉だと思っています。

ぞわぞわとした肌触りの、静かな怒りのような鳴動を感じる、

まるでダンスのような言葉です。

チケットも発売開始しました。

今年はご家族welcomeの上演回も設定しています。未就学児も御観劇いただけます。

私にとっては新たなチャレンジの1つです。意義ある機会にしていきます。

トップページから公演詳細ページにアクセスすることができますので、是非ご覧ください。

さらに、公演情報の公開に合わせて、前回のソロ公演『SASETEYO』のダイジェストもアップしました。

ARCHIVEのVIDEOのページにてご覧いただけます。

今後も少しずつブログで情報更新していきたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


最新記事

すべて表示

なにがにーぜろにーぜろだよ

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な