検索
  • 井上大辅


ちょっと影響を受けて「すっすっ、はっはっ」と

足の歩みに合わせて呼吸をしながら走ってみると、

確かに案外落ち着いて走り続けられました。

平坦な道ならこの呼吸でけっこうイケる気がします。

有難いことに、今回のZOKKONN公演のチケットが駆け足で売れてきています。

特に20日(土)の回はご家族welcomeにしており、

ご家族でのお客様もいて混み合ってきています。

未就学児も観劇できるようにしたのは、

INOUE DANCE OFFICEとしての初めての試みです。

くつろいでご家族で観ていただけるような環境づくりを

できる限り、していきたいと思っています。

劇場に未就学児を連れてきたいという気持ちについては、

確かに子供に観せたいという気持ちもあるんでしょうが、

子供がいても舞台が観たいという、親のエゴ(にも近い気持ち)の方が強いんじゃないかと思います。

しかし、そういった小さい子を持つ親世代が今の私の客層にもなっています。

私の立場から考えますと、大学や現場で親交のある同年代の人たちが家族を作り、

子供を育てながら、ダンスや仕事していたりしてる時期です。

そんな人たちの「子供いるんだけどダンスが観たい」というエゴ(にも近い気持ち)は、私には貴重な言葉です。

「すっすっ、はっはっ」とずっと同じリズムで呼吸してても、ダンスはできません。

いろんな人がいろんな呼吸のテンポで劇場に来ます。

船を漕ぐ大人もいるんじゃないかな。ギャーと叫ぶ子供もいるでしょう。

観に来たいと考えてくださっている方、早めのご予約をオススメします。


74回の閲覧

最新記事

すべて表示

テアトロゲキジョウシアター

またまた嫌なこと聞いてしまったな。 近頃のニュースはそんなことばかりだから、またまた、だ。 体調不良で辞任なさると言うあの人に向けられる記者からの質問は、あらかじめ打ち合わせ済みのもので、なおかつプロンプターが無いと回答できない。それじゃ疑惑は拭えない。 その後を引き継ぐかもしれない人は、都合の悪い質問をする記者は徹底的にはね除ける。無視する。あしらう。 そんな人たちにはね除けられた記者は「まるで

公演の延期のお知らせ 〜お手紙仕立て〜

以前のブログでも少し触れたのですが、今年12月のダンス公演を延期にすることにしました。 ここからは、このことをお伝えしたいけど、今は遠くにいる人に向けた手紙の体裁でお届けいたします。 ーーー Sさま ご無沙汰しております。井上です。 こちらは明らかな気候変動の影響で、猛暑が続いています。 そちらはいかがですか? 実際に手紙を送ろうにも、宛先をどこにしていのか分からず、もしかしたらネットのほうがそち

目は口ほどに

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。 更新頻度はそれほど多くないのですが。 他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。 しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。 今回もそういう内容です。 振付家やダ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .