検索
  • 井上大辅


ちょっと影響を受けて「すっすっ、はっはっ」と

足の歩みに合わせて呼吸をしながら走ってみると、

確かに案外落ち着いて走り続けられました。

平坦な道ならこの呼吸でけっこうイケる気がします。

有難いことに、今回のZOKKONN公演のチケットが駆け足で売れてきています。

特に20日(土)の回はご家族welcomeにしており、

ご家族でのお客様もいて混み合ってきています。

未就学児も観劇できるようにしたのは、

INOUE DANCE OFFICEとしての初めての試みです。

くつろいでご家族で観ていただけるような環境づくりを

できる限り、していきたいと思っています。

劇場に未就学児を連れてきたいという気持ちについては、

確かに子供に観せたいという気持ちもあるんでしょうが、

子供がいても舞台が観たいという、親のエゴ(にも近い気持ち)の方が強いんじゃないかと思います。

しかし、そういった小さい子を持つ親世代が今の私の客層にもなっています。

私の立場から考えますと、大学や現場で親交のある同年代の人たちが家族を作り、

子供を育てながら、ダンスや仕事していたりしてる時期です。

そんな人たちの「子供いるんだけどダンスが観たい」というエゴ(にも近い気持ち)は、私には貴重な言葉です。

「すっすっ、はっはっ」とずっと同じリズムで呼吸してても、ダンスはできません。

いろんな人がいろんな呼吸のテンポで劇場に来ます。

船を漕ぐ大人もいるんじゃないかな。ギャーと叫ぶ子供もいるでしょう。

観に来たいと考えてくださっている方、早めのご予約をオススメします。


最新記事

すべて表示

なにがにーぜろにーぜろだよ

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な