検索
  • スタッフ

明日より「ZOKKONN」開幕いたします


明日、4月19日(金)より、両国門天ホールにて

井上大辅 新作ソロダンス公演「ZOKKONN」が開幕いたします。

https://di100dance.wixsite.com/home/solo

4月19日(金)19:30開演

4月20日(土)16:00開演 ※ご家族welcome(未就学児観劇OK)

4月21日(日)16:00開演

の3回のみの上演となっております。

おかげさまで各回前売券はソールドアウトとなっており、

当日券につきましては各回とも数枚販売する予定ですが、立見になる可能性がございます。

受付は開演の15分前に開始いたします。

(25歳以下のお客様につきましては、身分証をお持ちください。)

また、当日は劇場内混雑が予想されますので、

お時間に余裕を持ってお越しください。

お問い合わせ先

井上ダンスオフィス 担当:副島(ソエジマ)

070-6427-0624

i.danceoffice100@gmail.com


最新記事

すべて表示

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。