検索
  • 井上大辅

ちょこようっと思い出した


10年以上前、当時関わっていたダンスプロジェクトのリーダーに「どうしてダンサーよりスタッフのほうがギャラが高いのか」と聞いたことがあります。コンテンポラリーダンサーのギャラは、そのプロジェクトの期間中の交通費や食費を賄えるかどうかというぐらい少なく、どのダンサーもそういう経験をしてきているので、その時は誰かに筋の通った説明をして欲しかったのです。リーダーの回答は「スタッフの方が偉いからかな」。果たして本当にそうなのか。。。

当たり前ですが、ダンサーがいないことには舞台は成立しませんし、スタッフがいないことにはダンサーは舞台に立つことができません。作品のクオリティの向上や、舞台上と客席内の安全性と快適さの確保についてのスタッフの責任は、ダンサーが持つ責任とはまったく違う性格のものです。その上さらに、私の現場では、スタッフに創作の一端を担ってもらうことあります。音の製作や照明演出の相談、客席からどう見えるかの意見をもらいます。

創作者自身ではないスタッフに、その折り重なった責任を果たしてもらうのに、ダンサーと同じギャラというのは必然的に無理が生じます。やはり、スタッフのほうが偉いのであり、責任も重いのです。

(それでもダンサーのギャラの安さは問題ですが、それはまたいつか話せたらと思います。)

そういった本来のそれぞれの業務での責任と、創作の責任のバランス感覚をもったスタッフが、私にとっての頼れるスタッフです。こういう人は滅多にいません。

幸い、私はこれまでにそういうバランス感覚に優れたスタッフに出会うことができました。その人たちは、私が自分のことに集中できる環境を現場でつくってくれます。10年以上のお付き合いですが、低予算の依頼を引き受けてくれたり、本来の役割ではないような仕事を頼むこともあったりしました。そういう時は、その人たちでないと公演を成立させることができないということを理解してもらって、お願いしてきました。

そんな創作の協力者に出会えたことが私の活動の支えになっています。

そして、これからもそれに甘んじず自身の創作を続けていきたいと思います。

ダンサーとスタッフは、雇い雇われの“カネの関係”です。“カネ”は上演を成功に導くために、互いに欠かすことができない“保証”です。ダンサーとスタッフにおける“カネ”は、創作における信頼関係によって成り立つ、数字だけでは表せない価値を創造しているものというのが私の考えです。しかし、その金額は支払う側がどれだけその人に価値を見出しているのかを数字でハッキリ示しているものだという当然のことを忘れてはいけません。誰が偉いかということではなく、どうやって互いに必要なことを実現させる為に折り合いをつけていくかということが重要だと考えます。

高くても安くても雇用は雇用、「ちょこっと」はないですよね。


最新記事

すべて表示

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。