top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

ながいあいだ、待たせてごめん


「ダンスをする時によく出現する“動機”や“鮮度”という言葉について」

「表現の自由について思い出した学生の時の頃の話」など。

このページを更新していなかった長い間、

色々なテーマで文章に書き起こす作業はしていたのですが、結局更新できず。。。

キャパシティ、つまり容量、それが足りないことをキャパオーバーなんて言いますね。

覚えることややらなきゃならないことがたくさんありすぎて(実際はそうでもないかもしれませんが)、

自身の能力では処理しきれないからパニックになって、

方々に迷惑かけたり自暴自棄になってしまうやつです。

近年、自分はキャパシティの大きいタイプではないということに、ようやく気づきました。

身近にいる人たちがしっかりしているからか、余計にそう思えて来るのかもしれません。

しかし、こうも考えます。

問題は容量ではなく、要領ではないでしょうか。

これもまた、身近な人たちを見ていて思えてきたことです。

時間の使い方や情報の整理の仕方、ONとOFFのメリハリ。

そういう自己裁量で概ね解決するのではないかと。

そうは思うのですが、自分の脳はパソコンのように簡単に整理整頓できませんね。

「本来は大切な意味を持つのに、

ダンサーがクリエーションが上手くいかないことの言い訳の代名詞として多用してきた結果、

ぼんやりとした意味になってしまった“動機”や“鮮度”という言葉について」や、

「日本の大人がもっと深い考察を持たなくては、

やがて死んでいくであろう「表現」と「自由」について」やらなんやらについて

これまで書こうとしてきました。

ですが、それらをダンス作品として表すことが

私の踊る動機であり、表現の自由を守る行動なんだとすることになるわけです。

要領のよい処理能力でーす。


最新記事

すべて表示

不買を決めて、心の整理をする

新たな年が始まりました。 私がちょくちょくやっている不買運動について、いつかブログの題材にしようとかねてより思っていました。 東京五輪の時は、そのスポンサー企業の商品は買わないことにしていました。 コカコーラ飲みません、KADOKAWA買いません、紳士服の青木のスーツは一生買いません、電通クソ食らえ←絶対に関わりたくない、中抜きパソナもクソ←絶対に関わりたくない。 セブンイレブンの本社直営店とフラ

平和の行使

彼らの言い分は、自衛権の行使だ、ということらしい。 あの壁の中にはテロリストとテロリスト予備群しかいないから、閉じ込めるんだそうだ。 戦勝国は、自衛の名の下に、敗戦国の人々を閉じ込め、少しでも抵抗すれば何十倍にもして傷めつける。これをずっと繰り返してきた。 強権を持つ者が発動する自衛権は、いつでも必ず、弱い者を抑圧するという暴力になる。どうやっても強権を脅かすことなどできないであろう遠くの弱者を抑

あれのその後、ブログ11月号に追記

先日更新したブログの後半にこんなことを書きました。 2024年1月にイスラエルのダンスカンパニーであるバットシェバ舞踊団が来日するらしい。本当に素晴らしいカンパニーだが、今は観る気にはなれない。観ていいものではないという忌避感がある。なぜならイスラエル大使館が後援に入っているから。ここ数年、コロナで中止を余儀なくされていた中での待望の来日公演だった、それが平時ならば。 病院を破壊して、子どもや病

bottom of page