検索
  • 井上大辅

ながいあいだ、待たせてごめん


「ダンスをする時によく出現する“動機”や“鮮度”という言葉について」

「表現の自由について思い出した学生の時の頃の話」など。

このページを更新していなかった長い間、

色々なテーマで文章に書き起こす作業はしていたのですが、結局更新できず。。。

キャパシティ、つまり容量、それが足りないことをキャパオーバーなんて言いますね。

覚えることややらなきゃならないことがたくさんありすぎて(実際はそうでもないかもしれませんが)、

自身の能力では処理しきれないからパニックになって、

方々に迷惑かけたり自暴自棄になってしまうやつです。

近年、自分はキャパシティの大きいタイプではないということに、ようやく気づきました。

身近にいる人たちがしっかりしているからか、余計にそう思えて来るのかもしれません。

しかし、こうも考えます。

問題は容量ではなく、要領ではないでしょうか。

これもまた、身近な人たちを見ていて思えてきたことです。

時間の使い方や情報の整理の仕方、ONとOFFのメリハリ。

そういう自己裁量で概ね解決するのではないかと。

そうは思うのですが、自分の脳はパソコンのように簡単に整理整頓できませんね。

「本来は大切な意味を持つのに、

ダンサーがクリエーションが上手くいかないことの言い訳の代名詞として多用してきた結果、

ぼんやりとした意味になってしまった“動機”や“鮮度”という言葉について」や、

「日本の大人がもっと深い考察を持たなくては、

やがて死んでいくであろう「表現」と「自由」について」やらなんやらについて

これまで書こうとしてきました。

ですが、それらをダンス作品として表すことが

私の踊る動機であり、表現の自由を守る行動なんだとすることになるわけです。

要領のよい処理能力でーす。


最新記事

すべて表示

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知

いただきましょう

レストランで、メニューや壁に貼ってある季節のオススメ料理を吟味して注文し、お酒を飲みながら、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、器や盛り付けを楽しみながら食べるのが好きだ。 そんな外食の不変的な楽しみを今は気軽に味わえない。食後に洗い物をしないでいいというのも、外食の大事な要素だったと気づく。 こういう時世では、テイクアウトとデリバリーの存在が有り難い。レストランで食べる楽しみを100