検索
  • 井上大辅

ながいあいだ、待たせてごめん


「ダンスをする時によく出現する“動機”や“鮮度”という言葉について」

「表現の自由について思い出した学生の時の頃の話」など。

このページを更新していなかった長い間、

色々なテーマで文章に書き起こす作業はしていたのですが、結局更新できず。。。

キャパシティ、つまり容量、それが足りないことをキャパオーバーなんて言いますね。

覚えることややらなきゃならないことがたくさんありすぎて(実際はそうでもないかもしれませんが)、

自身の能力では処理しきれないからパニックになって、

方々に迷惑かけたり自暴自棄になってしまうやつです。

近年、自分はキャパシティの大きいタイプではないということに、ようやく気づきました。

身近にいる人たちがしっかりしているからか、余計にそう思えて来るのかもしれません。

しかし、こうも考えます。

問題は容量ではなく、要領ではないでしょうか。

これもまた、身近な人たちを見ていて思えてきたことです。

時間の使い方や情報の整理の仕方、ONとOFFのメリハリ。

そういう自己裁量で概ね解決するのではないかと。

そうは思うのですが、自分の脳はパソコンのように簡単に整理整頓できませんね。

「本来は大切な意味を持つのに、

ダンサーがクリエーションが上手くいかないことの言い訳の代名詞として多用してきた結果、

ぼんやりとした意味になってしまった“動機”や“鮮度”という言葉について」や、

「日本の大人がもっと深い考察を持たなくては、

やがて死んでいくであろう「表現」と「自由」について」やらなんやらについて

これまで書こうとしてきました。

ですが、それらをダンス作品として表すことが

私の踊る動機であり、表現の自由を守る行動なんだとすることになるわけです。

要領のよい処理能力でーす。


最新記事

すべて表示

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに

今年も、時間を積み重ねてきた。 上演機会はなかったが、限られた時間をともに大切に過ごした。 他と比べるなんて馬鹿馬鹿しい。 お前はお前だ。 逃してはいけない時間をしっかり掴まえていたい。 家族はお前だ。 俺のことなんか後回しにできるくらい、 そしてお前がお前であることを愛せるくらい、 家族とお前に感謝する1年だった。