検索
  • 井上大辅

ながいあいだ、待たせてごめん


「ダンスをする時によく出現する“動機”や“鮮度”という言葉について」

「表現の自由について思い出した学生の時の頃の話」など。

このページを更新していなかった長い間、

色々なテーマで文章に書き起こす作業はしていたのですが、結局更新できず。。。

キャパシティ、つまり容量、それが足りないことをキャパオーバーなんて言いますね。

覚えることややらなきゃならないことがたくさんありすぎて(実際はそうでもないかもしれませんが)、

自身の能力では処理しきれないからパニックになって、

方々に迷惑かけたり自暴自棄になってしまうやつです。

近年、自分はキャパシティの大きいタイプではないということに、ようやく気づきました。

身近にいる人たちがしっかりしているからか、余計にそう思えて来るのかもしれません。

しかし、こうも考えます。

問題は容量ではなく、要領ではないでしょうか。

これもまた、身近な人たちを見ていて思えてきたことです。

時間の使い方や情報の整理の仕方、ONとOFFのメリハリ。

そういう自己裁量で概ね解決するのではないかと。

そうは思うのですが、自分の脳はパソコンのように簡単に整理整頓できませんね。

「本来は大切な意味を持つのに、

ダンサーがクリエーションが上手くいかないことの言い訳の代名詞として多用してきた結果、

ぼんやりとした意味になってしまった“動機”や“鮮度”という言葉について」や、

「日本の大人がもっと深い考察を持たなくては、

やがて死んでいくであろう「表現」と「自由」について」やらなんやらについて

これまで書こうとしてきました。

ですが、それらをダンス作品として表すことが

私の踊る動機であり、表現の自由を守る行動なんだとすることになるわけです。

要領のよい処理能力でーす。


99回の閲覧

最新記事

すべて表示

テアトロゲキジョウシアター

またまた嫌なこと聞いてしまったな。 近頃のニュースはそんなことばかりだから、またまた、だ。 体調不良で辞任なさると言うあの人に向けられる記者からの質問は、あらかじめ打ち合わせ済みのもので、なおかつプロンプターが無いと回答できない。それじゃ疑惑は拭えない。 その後を引き継ぐかもしれない人は、都合の悪い質問をする記者は徹底的にはね除ける。無視する。あしらう。 そんな人たちにはね除けられた記者は「まるで

公演の延期のお知らせ 〜お手紙仕立て〜

以前のブログでも少し触れたのですが、今年12月のダンス公演を延期にすることにしました。 ここからは、このことをお伝えしたいけど、今は遠くにいる人に向けた手紙の体裁でお届けいたします。 ーーー Sさま ご無沙汰しております。井上です。 こちらは明らかな気候変動の影響で、猛暑が続いています。 そちらはいかがですか? 実際に手紙を送ろうにも、宛先をどこにしていのか分からず、もしかしたらネットのほうがそち

目は口ほどに

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。 更新頻度はそれほど多くないのですが。 他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。 しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。 今回もそういう内容です。 振付家やダ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .