検索
  • 井上大辅

家でイマジン


自分が子供だった頃、まだ薄型テレビは出始めで、

テレビといえば、奥行きのある箱型のズシンと大きいものでした。

ブラウン管には海外の様子が映し出されるけど、

「いま自分が見ている空と海外の空は同じ色なんだろうか」と

ズシンと大きな箱の中の、そのヴィジュアルが信じられなくて、

実際に海外に行くまで、ずっと疑っていました。

自分が子供だった頃、日本が嫌で、日本から出て行きたいなんていう気持ちや、

まして、住む場所を自分で変えることができるという可能性があることを知りませんでした。

国境こそあれど、昔よりも気軽に日本の外に行くことができます。

あるいは、身体は日本にいても、

海外の出来事を簡単に、ほぼリアルタイムで知ることができます。

ウイルスは私たちの身体の中(主に肺)を観光地にして、世界中を巡っています。

SNSのように気軽にやって来た、ウイルスの観光による世界的サバイバル。

このグローバルな現代で、久しぶりに国境というものを意識しました。

記憶の中から、今まで行ったことある国の空を思い起こして、

そこで知り合った人たちを想像します。

みんなが無事であることを願います。

日本の政府の対策は最悪です。

でも、私たちは頑張っています。

トップがポンコツ集団なので、お互いに援助しあったりしながら乗り切ろうとやっています。

この混乱が収束する頃、私たちは疲れ切っているかもしれません。

そんな時が来ても、ダンスをすることに意義を持てるように生きていきたい。

演劇よりもお笑いよりも音楽よりも、ダンスは根源的な身体表現です。

ダンスは、身体とコミュニケーションにおける本質的な姿です。

2020年12月に予定している本番は、無事に上演できるのか。

未だどうなるか分かりません。

先行きは見えず、誰も示してくれませんが、

私は想像します。できるだけ具体的に。

たとえ、それが希望的なものでなくても。

私は想像します。

頭の上には、ただ空があるだけだ。

同じ空の下、同じ身体を有している。


最新記事

すべて表示

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な

だけじゃない気合い

「気合い」という言葉には要注意だ、と思っている。 創作が上手く進まないことはよくあるが、その状況を好転させるためだとしても「気合い」という言葉は使わないように心がけている。 その一方、あとはもう「気合い」しかない、という時もある。それでも「気合い」という言葉で片付けないようにする。 ダンスにおいて「気合い」とは。 例えば、厳しい姿勢や激しい運動に耐えるために必要な精神。 例えば、創作活動という未知