検索
  • 井上大辅

TSUBA


トラウマならぬ、ネコポニーの話(千原ジュニア)から思い出したことがある。

正確には定期的に思い出すことなのだが、

小学校の社会科見学で国会議事堂に行った時の話だ。

議事堂の前で、整列して座って待機していたら、

1人の特別支援学級の子が、列から飛び出し、

声を発しながら議事堂の入口の方へ走っていった。

議事堂の前には警備員つまり警官が数人並んでいて、

その姿を見るだけでも怖い感じがしていたが、

さらに、飛び出した子に向かって警官の1人が怒鳴った。

そして、先生が数人がかりでその子を慌てて捕まえて、列に引き戻した。

『臭いものには蓋をしろってことか』

私の担任の山崎先生が小声で隣の先生に呟いた。

警官の怒鳴り声にも、先生の一言にも驚いた。

なぜ私たちが怒鳴られなきゃならないのか。

そして、なぜ私たちは『臭いもの』なのか。

山崎先生は、飛び出したのが普通学級の子だったら、

その子を叱って、それで終わらせていたかもしれない。

特別支援学級の子だったから、ああいう発言に至ったのだ。

と、私は当時から結論づけている。現在も同じように考えている。

飛び出したその子に直接話しかけることもなく、遠巻きな距離感。

山崎先生は毎朝校内をジョギングしていた。1日も休まずに。

そして毎ランニングで、ツバを吐いていた。校内で。生徒が掃除する校内で。

山崎先生は1日も休まず、校舎に唾を吐いていた。

それ以来、歩きタバコと歩きツバ吐き、歩きレッドブルをする人に遭遇すると、嫌な気分になる。

私にとっての『臭いもの』。

しかし大事なのは、私のダンスを観に来る人の中に、そういう人がいるかもしれないということだ。

劇場はそういう場所だ。

『臭いもの』などと知らんぷりはできない。


最新記事

すべて表示

なにがにーぜろにーぜろだよ

許せない。政府の憲法違反で、1年あまりもの間、私の健康で文化的な最低限度の生活が保障されていない。 こんな状況で五輪を観たいなんて思わない。私は五輪を拒絶する。 五輪によって私の生活が豊かになることは金輪際ございません。かつてはお世輪になりました。あばよ! 昨年12月に開催を予定していたが、来年3月に延期された主催のダンス公演がどうなるか、現在まだ分からない。私が、出演者・スタッフと観客の双方の安

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210518-OYT8T50108/ 以下、都倉俊一文化庁長官。 『イベントのトップにお金が行けばドンと下に降り、個人にも届く。照明や音響などの個人営業者が、自分たちで申請する手間がいらなくなったわけだから。』 『平時にあまり稼げていない人が給付金で突然稼げるのはまずい。』 『実力のある人たちが困窮していることが問題であり、フ

絶対に切り離さない

家の近くに公共のスポーツ施設があって、そのグラウンドでは老若男女が野球やサッカーで汗をかいている。遠目に見えるテニスコートでは、大学生が部活動に汗をかいている。 野球の監督やキャッチャーのサイン。サッカーの足捌きや球際の競り合い。テニスのラケットで返球する時の捻りや重心移動。 ダンスに必要な身体の強さ、振付のアイディア、ハッキリとした達成目的(球を打ち返す、ボールをゴールに入れるなど)への身体的な