検索
  • 井上大辅

TSUBA


トラウマならぬ、ネコポニーの話(千原ジュニア)から思い出したことがある。

正確には定期的に思い出すことなのだが、

小学校の社会科見学で国会議事堂に行った時の話だ。

議事堂の前で、整列して座って待機していたら、

1人の特別支援学級の子が、列から飛び出し、

声を発しながら議事堂の入口の方へ走っていった。

議事堂の前には警備員つまり警官が数人並んでいて、

その姿を見るだけでも怖い感じがしていたが、

さらに、飛び出した子に向かって警官の1人が怒鳴った。

そして、先生が数人がかりでその子を慌てて捕まえて、列に引き戻した。

『臭いものには蓋をしろってことか』

私の担任の山崎先生が小声で隣の先生に呟いた。

警官の怒鳴り声にも、先生の一言にも驚いた。

なぜ私たちが怒鳴られなきゃならないのか。

そして、なぜ私たちは『臭いもの』なのか。

山崎先生は、飛び出したのが普通学級の子だったら、

その子を叱って、それで終わらせていたかもしれない。

特別支援学級の子だったから、ああいう発言に至ったのだ。

と、私は当時から結論づけている。現在も同じように考えている。

飛び出したその子に直接話しかけることもなく、遠巻きな距離感。

山崎先生は毎朝校内をジョギングしていた。1日も休まずに。

そして毎ランニングで、ツバを吐いていた。校内で。生徒が掃除する校内で。

山崎先生は1日も休まず、校舎に唾を吐いていた。

それ以来、歩きタバコと歩きツバ吐き、歩きレッドブルをする人に遭遇すると、嫌な気分になる。

私にとっての『臭いもの』。

しかし大事なのは、私のダンスを観に来る人の中に、そういう人がいるかもしれないということだ。

劇場はそういう場所だ。

『臭いもの』などと知らんぷりはできない。


62回の閲覧

最新記事

すべて表示

テアトロゲキジョウシアター

またまた嫌なこと聞いてしまったな。 近頃のニュースはそんなことばかりだから、またまた、だ。 体調不良で辞任なさると言うあの人に向けられる記者からの質問は、あらかじめ打ち合わせ済みのもので、なおかつプロンプターが無いと回答できない。それじゃ疑惑は拭えない。 その後を引き継ぐかもしれない人は、都合の悪い質問をする記者は徹底的にはね除ける。無視する。あしらう。 そんな人たちにはね除けられた記者は「まるで

公演の延期のお知らせ 〜お手紙仕立て〜

以前のブログでも少し触れたのですが、今年12月のダンス公演を延期にすることにしました。 ここからは、このことをお伝えしたいけど、今は遠くにいる人に向けた手紙の体裁でお届けいたします。 ーーー Sさま ご無沙汰しております。井上です。 こちらは明らかな気候変動の影響で、猛暑が続いています。 そちらはいかがですか? 実際に手紙を送ろうにも、宛先をどこにしていのか分からず、もしかしたらネットのほうがそち

目は口ほどに

このブログでは、実体験に基づくことを書いて、私という人間が過去のどのような体験によって構築されてきたのかを紐解いていきたいと思っています。 更新頻度はそれほど多くないのですが。 他人には興味が湧きにくい内容でしょうし、わざわざこんなことをネットに晒すことに恥ずかしさも感じます。 しかし、これも創作活動の一端として、すべて創作に還元していくつもりで書いています。 今回もそういう内容です。 振付家やダ

Copyright Daisuke Inoue All Rights Reserved .