検索
  • 井上大辅

50億年後の恐怖、数十年後の絶望

さまざまな分野で若い人が活躍している。

自分が小学生や中学生だった頃と比べる。

自分はただのポンコツでしかなかった。


グレタ・トゥーンベリさんの活動にはとても注目している。注目しているなんて上から目線の表現では失礼な気さえする。

グレタさんは学校で気候変動のことを知ってから、鬱になり、発作を抱えるようになってしまったそうだ。「近い将来、地球は滅びるのに、学校に行く必要があるのか?」という苦しみ、そして怒りを、ボイコットするという手段で表現した。その活動が世界中に知れ渡り、現在では環境活動家として世界を牽引する存在になっている。

自己利益にしか興味の持てない人間(大人)ほど、グレタさんに対してムキになってキャンキャン吠える。その人間(大人)たちは、グレタさんと対峙すると駄々っ子に見えてくる。グレタさんたちの世代から見ればただの老害だ。老害が本当に面倒臭いということは、自分も幾分か経験してきた。

グレタさんは「大人たちが私たち子どもにできるせめてものことは、大人たちの無策に抗議する私たちの行動を許すことだ。」と、大人たちに対して語っていた。


グレタさんから見れば、私もその大人の中の1人だ。

私はグレタさんに怒られている。グレタさんに睨まれている。


私がグレタさんと同じ歳だった頃も、地球温暖化については問題視されていた。オゾン層の破壊、南極・北極の氷が溶け始めていることは、方々で言われていた。

さて。

長らく話題になっている気候変動に対して、私の両親は何か対策していたのだろうか。大人たちは何か行動しようとしていたのだろうか。世界中の色んな問題は、ほとんどが過去からの蓄積によって起きている。大人たちは何も対策してこなかったのだろう。そして、いつのまにやら私も、その大人たちの1人になってしまっている。


グレタさんについて書かれた記事を読んだ時、思い出したことがある。

私が小学生の頃、太陽があと50億年で消滅すると授業で知り、怖くてしばらく眠れなくなってしまったこと。50億年という遥か未来のことだったが、いずれ世界が無くなるという事実に恐怖を感じた。

グレタさんが感じた絶望はそんな50億年先の話ではない。ほんの数十年先の地球の話だ。


おじさんになった私だが、やるべきことはクリアだ。グレタさんが言うように、私にできることは彼女・彼らの邪魔をしないこと。できることなら力を貸したい。

私がグレタさんと同じ歳だった頃の、あの頃の大人たちのようになってはならない。

身を賭して発せられるメッセージは、大人も子どもも関係なく、すべて等しく重大に受け止められるべきだ。それを受け止められる人間でありたいと強く思う。






最新記事

すべて表示

「いい加減、黙っているわけにもいかないぞ!自分の創作活動のためにも、言葉を発信しなさい!」と自分を焚きつける気持ちと、 「けれども、世の中であまりにいろんなことが起きすぎていて、何かを言葉にするのは鬱陶しい…」というような気持ちが綯い交ぜだ。 相変わらず舞台には立っていない。次に舞台に上がる時は、私は新人のような気持ちで初々しく公演をする、かもしれない。 会場にわざわざ足を運んで観たいと思う公演も

というのは私の持論ではなく、最近読んだ本の中の一節。数百ページある本の中のこの一節が、私が私と向き合う大きなきっかけを与えた。それを書いてみようと思う。 自分とダンスが歩んできたこれまでを「夢」と「憧れ」をキーワードに検証してみる。 ダンスをやりたいと思ったのは、初めてダンスを体験した時の充実感が他の何にも代え難いものだったからだ。そういう体験から、生涯踊り続けたいという「夢」へと展開していった。

時の経過が早いのか、私の更新が鈍いのか、本年最初のブログはもう3月も後半に入ろうかというタイミングになってしまった。「明けましておめでとう」という浮わついた気持ちはどこに行ってしまったんだろう。そもそもコロナ禍では「おめでとう」の気分は毎年どんどん薄まってきていたけれど、今年の「おめでとう」を言う機会を逃していた間に、世界はさらに酷いことになってしまった。1日1日を生きることが毎年どんどん命がけに