top of page
検索
  • 執筆者の写真井上大辅

I love B

今月のブログは、The Beatlesを聴きながら書いている。


中学の頃、軟式テニスの幽霊部員だった私は、学校が終わると直帰して昼寝ばかりしていた。昼寝が好きだったわけじゃなく、クソつまらない中学生活から逃げたかった。控えめに言ったとしてもクソがつくほどにつまらない生活から。


ある日、The BeatlesのCDを家の中で見つけてしまった。Help!というアルバムだった。親がロックを聴いてる印象はなかったが、家の中でThe BeatlesのCDを見つけた。訳詞はついてなかった。なんとなしに聴いてみたら、ものすごく格好良かった。何かを格好いいと感じたのは、あれが初体験だったかもしれない。Helpはもちろん、You've Got To Hide Your Love AwayとTicket To Rideもめちゃ格好いいと思った。


それをきっかけにThe Beatlesにぐんぐんのめり込む。アルバムを聴き漁り、Let it beのジャケットのポスターを部屋に飾る。帰宅して昼寝というルーティンが、帰宅して熱唱というルーティンに変わった。幽霊部員なのは変わらず。The Beatlesというバンドのキャリアにも、彼らそれぞれの人生にも惹かれた。The Beatlesは、私の10代の一部分を占める。


しかし、20代の私はThe Beatlesを意図的に避けていた。その頃は、ダンスに“使える”音楽ばかりを探していた。The Beatlesの曲は認知度が高く、曲の持つイメージが強すぎて、ダンスには邪魔になると考えていた。そこから自然と聴かなくなった。


The Beatlesの曲は、いろんな感情を湧かせる。それに、どの曲からも生きづらさを感じる。The Beatlesが醸す生きづらさに浸ることこそ、中学生の私のThe Beatlesの味わい方だった。彼らの音楽は、生きづらさの良き理解者だった。


生きるのはとても難しい。20代の私は、中学生の頃に感じていた生きづらさを押し潰し、蓋をしながら生きていた。今年、Johnが凶弾に倒れた年齢を迎える私は、この生きづらさから目を背けないことにした。


ダンスはそのためにある。私は私自身のダンスによって、生きづらさに抗い、寄り添おうと思う。NYでダコタアパートに行こうとしたが、建物の近くまできて足がすくみ、遠巻きにしか眺められなかったことを思い出す。

The Beatlesは、私のダンスの良き理解者にきっとなってくれるはず。

最新記事

すべて表示

この季節の私のイメージは、夏休みと敗戦。甲子園なんかも風物詩だが、私には試合を中断して行われる黙祷の方が印象深く、結局は戦争にイメージが結びつく。甲子園で鳴るサイレンに、私は空襲警報を重ねる。 高校1年生の8月だったか、新宿のスペース・ゼロという劇場で公演する機会があった。私は演劇部だった。 本番は無事に終わり、観に来てくれた演劇部OBの先輩が、新宿のどっかにある小さな天ぷら屋を探してきて、食事に

子どもと生活していると、いろんな番組を観る。 covid-19の緊急事態宣言発令下、無観客のNHKホールで、テレビの前の子どもたちに向かって「いつも側にいるよ!」と語りかけていたワンワンに感動したこともあった。 子どもの頃に観たディズニー映画もひと通り観直した。加えて、大人になって観てこなかった作品も観た。 当然、アンパンマンも観ている。やなせたかし先生の絵本もたくさん読んだ。 クレヨンしんちゃん

たった1人の非常勤の難民審査員参与の柳瀬房子に1年半で500件もの難民審査をさせたのは、あなた? (「一般論として、1年6ヵ月で500件の対面審査を行うということは不可能」と法務大臣に言わせたのが誰か、は知っている。あなたではない。) そんな不可能を可能にする柳瀬の「難民申請している人の中で難民なんていない」という発言を立法事案(法案作成の根拠)として審議させてきたのは、あなた? 行政府の長の長男

bottom of page